FC2ブログ

妨害は“を” ~走塁妨害について~


妨害の紹介、最後は“走塁妨害”です。
走塁妨害
出典:野球図鑑【ホームメイト・リサーチ-スポランド】
https://www.homemate-research-baseball.com/useful/10150_baseball/index08.php




【走塁妨害:オブストラクション (obstruction)】

被害者 : 走者
加害者 : 守備側


定義: (野球規則:定義51)
51 0BSTRUCTION「オブストラクション」(走塁妨害)
野手がボールを持たないときか、あるいはボールを処理する行為をしていないときに、走者の走塁を妨げる行為である。(6.01h1・2)

【原注】ここにいう〝野手がボールを処理する行為をしている〟とは、野手がまさに送球を捕ろうとしているか、送球が直接野手に向かってきており、しかも十分近くにきていて、野手がこれを受け止めるにふさわしい位置を占めなければならなくなった状態をいう。これは一に審判員の判断に基づくものである。野手がボールを処理しようとして失敗した後は、もはやボールを処理している野手とはみなされない。
たとえば、野手がゴロを捕ろうとしてとびついたが捕球できなかった。ボールは通り過ぎていったのにもかかわらずグラウンドに横たわったままでいたので、走者の走塁を遅らせたような場合、その野手は走塁妨害をしたことになる。


発生後の処置
被害を受けた走者に対して、プレイをしていたか、していなかったかによって処置方法が変ります。

(1)該当走者に対してプレイをしていた場合:基本ボールデッドで少なくとも1個先の塁が与えられる。(野球規則6.01(h)(1))
   →打者走者が一塁に触れる前にその走塁を妨げられた場合もこちら
(2)該当走者に対してプレイをしていなかった場合:成り行きでプレイがひと段落してからの判定(野球規則6.01(h)(2))


※昔はその条文番号から、a項、b項と言われていました。(旧野球規則 7.06(a)(b))





obstruction.jpg

野手が打球を処理している時は、野手側の守備が優先です。その場合はランナーが野手を避けなければなりません。
そのような場合にランナーと野手が接触した場合は守備妨害が適用されます。
同じようなプレイでも。状況によって“守備妨害”“走塁妨害”といった判定をしなければなりません。
また走塁妨害であれば、(1)の適用か(2)の適用かを判断しなければなりません。
この判断が非常に難しいのが現状です。
尚、野手の送球がランナーに当たった場合、それが故意ではないと判断されれば、インプレイです。
守備妨害、走塁妨害のいずれにもあたりません。


走塁妨害(1)なのか(2)なのか?
野球審判員マニュアル(第3版)では、それぞれに例示があります。


(1)該当走者に対してプレイをしていた場合
① ランダウンプレイ中に走塁を妨げられた
② 野手が走者をアウトにしようと塁へ直接送球したときにその走者が走塁を妨げられた
③ 打者走者が内野ゴロを打ち、一塁へ到達する前に走塁を妨げられた
④ 打者がライト前に打ち、いわゆる“ライトゴロ”のようなケースで、打者走者が一塁へ到達する前に走塁を妨げられた
⑤ その他走塁を妨げられた走者に対して直接プレイが行われているとき

(2)該当走者に対してプレイをしていなかった場合
① 打者走者がヒットを打って打球が外野にある間に一塁を回ったところで走塁を妨害された
② 打者走者が外野にヒットを打って一塁に到達する前に走塁を妨害された
③ 一塁走者が二塁に盗塁。捕手の送球が悪送球となってセンターに抜けた。走者は三塁に進もうとしたところ走塁を妨害された。オブストラクションが発生したときボールは外野を転がっていた。
④ 二塁走者が外野へのヒットで三塁を回ろうとして走塁を妨害された
⑤ その他オブストラクションが発生したときその走者に直接プレイがなされていない場合



より、具体的にみてみましょう(結局ここに頼る /笑)

お父さん審判チャンネル
走塁妨害いろいろ【オブストラクション a と b】
https://www.youtube.com/watch?v=5LQllkOYdCM上にも書きましたが、タイトルのaとbは旧野球規則の条文番号のことです。(7.06(a)と(b))
6.01(h)(1)と(2)に置き換えてくださいね。



【例1:判断による判定の違い】
0アウトランナー1塁。打者は、右中間を破る打球を打つ。
1塁ランナーは、2塁を蹴って3塁へ行き、3塁をまわったものの、本塁には間に合わないと判断し、3塁へ戻る。
打者走者は2塁を蹴り3塁へ向かおうとした際、遊撃手と接触。その後、2塁へと戻る。



1.守備妨害の適用
もしも遊撃手が外野からの送球を捕りに行こう(中継)と審判が判断した場合は、守備妨害で打者走者がアウトです。

2.走塁妨害(1)の適用
外野からの送球が、3塁に向かう打者走者をアウトにしようとして投げたと判断した場合は、打者走者に対して直接プレイをしていたと判断され、(1)の適用となります。
この場合、打者走者は3塁へ、3塁にいる1塁ランナーは、押し出される形で本塁へ進むことができます。

3.走塁妨害(2)の適用
外野から3塁への送球が、3塁からホームを狙い諦めて戻る1塁ランナーを3塁でアウトにしようとして投げたボールであると判断されれば、(2)の適用となります。
この場合、2塁にいる打者走者は、妨害がなかったとしても、3塁に進むことはできないと判断した場合は、2塁のままです。


これらの判断は、審判が行います。野球審判員マニュアル(第3版)には、以下のアドバイスがあります。

オブストラクションが発生した場合、審判員はその後の処置につき、他の審判員の助言を求めた方が良い。オブストラクションを見ていた審判員は他の走者の位置まで確認することは難しい。オブストラクションで“タイム”になったとき、走者をどこまで進めるか少しでも疑問があれば、他の審判員と協議することを勧める。




【例2:守備妨害?走塁妨害?】
1アウト満塁。打者はショートに強いゴロを打ち、それを遊撃手がはじいた。遊撃手が追っかけようとして2塁ランナーとぶつかった。

この場合、ボールをはじいた後、ボールが野手のすぐそば(リーチ)にあるときは、ランナーが野手を避けねばならず、もしその状況で接触すれば、守備妨害が宣告され、ランナーはアウトになります。(5.09(b)(3))。

(この場合、野手はまだ“打球を処理する行為”中にあり、規則定義51(オブストラクション)の“(守備機会を)失った”ケースには該当しません)。
しかし、野手が打球をはじき、ボールが野手のリーチの範囲内にないときは、その場合は野手がランナーを避けねばならず、もし走者と接触すれば規則6.01(h)(2)で走塁妨害が宣告されます。


これどっちだと思います?

20130322 中日vs楽天 走塁妨害?守備妨害?
https://www.youtube.com/watch?v=wu-bySuhdh0※実際には2015年です。
385728.jpg

このケースでは、二塁手の走塁妨害となり、ランナー1・2塁で再開となりました。
このように守備妨害なのか、走塁妨害なのかは、審判の判断なのです。



野球規則6.01(h)オブストラクション

オブストラクションが生じたときには、審判員は〝オブストラクション〟を宣告するか、またはそのシグナルをしなければならない。

(1) 走塁を妨げられた走者に対してプレイが行なわれている場合、または打者走者が一塁に触れる前にその走塁を妨げられた場合には、ボールデッドとし、塁上の各走者はオブストラクションがなければ達しただろうと審判員が推定する塁まで、アウトのおそれなく進塁することが許される。

走塁を妨げられた走者は、オブストラクション発生当時すでに占有していた塁よりも少なくとも1個先の進塁が許される。

走塁を妨げられた走者が進塁を許されたために、塁を明け渡さなければならなくなった前位の走者(走塁を妨げられた走者より)は、アウトにされるおそれなく次塁へ進むことが許される。


【付記】捕手はボールを持たないで、得点しようとしている走者の進路をふさぐ権利はない。塁線(ベースライン)は走者の走路であるから、捕手は、まさに送球を捕ろうとしているか、送球が直接捕手に向かってきており、しかも十分近くにきていて、捕手がこれを受け止めるにふさわしい位置を占めなければならなくなったときか、すでにボールを持っているときだけしか、塁線上に位置することができない。「この規定に違反したとみなされる捕手に対しては、審判員は必ずオブストラクションを宣告しなければならない。(2018年削除)」

【原注】走塁を妨げられた走者に対してプレイが行なわれている場合には、審判員は〝タイム〟を宣告するときと同じ方法で、両手を頭上にあげてオブストラクションのシグナルをしなければならない。オブストラクションのシグナルが行なわれたときは、ただちにボールデッドとなる。しかし、審判員のオブストラクションの宣告がなされる前に、野手の手を離れていたボールが悪送球となったときには、オブストラクションが発生しなければ、その悪送球によって当然許されるはずの塁がその走者に与えられるべきである。走者が二塁三塁間で挟撃され、すでに遊撃手からの送球がインフライトの状態のときに、三塁へ進もうとした走者が三塁手に走塁を妨げられたとき、その送球がダッグアウトに入った場合、その走者には本塁が与えられる。この際、他の走者に関しては、オブストラクションが宣告される以前に占有していた塁を基準として2個の塁が与えられる。

【注1】内野におけるランダウンプレイ中に走者が走塁を妨げられたと審判員が判断した場合はもちろん、野手が、走者(一塁に触れた後の打者走者を含む)をアウトにしようとして、その走者が進塁を企てている塁へ直接送球していたときに、その走者が走塁を妨げられたと審判員が判断した場合も同様、本項が適用される。

【注2】たとえば、走者二・三塁のとき、三塁走者が投手に追い出されて三塁本塁間で挟撃され、この間を利して二塁走者は三塁に達していたところ、挟撃されていた走者が三塁へ帰ってきたので二塁走者は元の塁へ戻ろうとし、二塁三塁間で挟撃された。しかし、このランダウンプレイ中に二塁走者はボールを持たない二塁手と衝突したような場合、審判員が二塁手の走塁妨害を認めれば〝オブストラクション〟を宣告し、ボールデッドとして、二塁走者を三塁へ、三塁走者を本塁へ進める処置をとる。

【注3】たとえば、走者一塁、打者が左翼線に安打したとき、左翼手は一塁走者の三塁への進塁をはばもうとして三塁へ送球したが、一塁走者は二塁を越えたところでボールを持たない遊撃手と衝突したような場合、審判員が遊撃手の走塁妨害を認めれば、オブストラクションを宣告して、ボールデッドにし、一塁走者に三塁の占有を許す。打者については、審判員がオブストラクション発生時の状況を判断して、二塁へ達したであろうとみれば二塁の占有を許すが、二塁へ進めなかったとみれば一塁にとどめる

【注4】たとえば、走者一塁、打者が一ゴロしたとき、ゴロをとった一塁手は一塁走者をフォースアウトにしょうと二塁へ送球したが、一塁へ向かっている打者と一塁へ入ろうとした投手とが一塁の手前で衝突したような場合、審判員が投手の走塁妨害を認めれば、オブストラクションを宣告して、ボールデッドにする。この際、審判員がオブストラクションよりも二塁でのフォースアウトが後に成立したと判断したときには、打者走者を一塁に、一塁走者を二塁に進める。これに反して、オブストラクションより二塁でのフォースアウトが先に成立していたと判断したときには、打者走者の一塁占有を認めるだけで、一塁走者の二塁でのフォースアウトは取り消さない。


------------------------------------


(2) 走塁を妨げられた走者に対してプレイが行なわれていなかった場合には、すべてのプレイが終了するまで試合は続けられる。審判員はプレイが終了したのを見届けた後に、初めて〝タイム〟を宣告し、必要とあれば、その判断で走塁妨害によってうけた走者の不利益を取り除くように適宜な処置をとる。

【原注】本項規定のようにオブストラクションによってボールデッドとならない場合、走塁を妨げられた走者が、オブストラクションによって与えようと審判員が判断した塁よりも余分に進んだ場合は、オブストラクションによる安全進塁権はなくなり、アウトを賭して進塁したこととなり、触球されればアウトになる。このアウトは、審判員の判断に基づく裁定である。

【注1】たとえば、走者二塁のとき打者が左前安打した。左翼手は本塁をうかがった二塁走者をアウトにしょうと本塁へ送球した打者走者は一塁を越えたところで一塁手にぶつかったので、審判員は〝オブストラクション〟のシグナルをした。左翼手の本塁への送球は捕手の頭上を越す悪送球となったので、二塁走者はやすやすと得点することができたオブストラクションを受けた打者走者は、ボールが転じているのを見て二塁を越え、三塁をうかがったところ、ボールを拾った投手からの送球を受けた三塁手に三塁到達前に触球されたような場合、審判員が、打者走者にはオブストラクションによって二塁しか与えることができないと判断したときには、三塁でのアウトは認められる。

これに反して、打者走者が三塁手の触球をかいくぐって三塁に生きたような場合、その三塁の占有は認められる。いずれの場合も、二塁走者の得点は認められる。

【注2】たとえば、打者が三塁打と思われるような長打を放ち、一塁を空過した後、二塁を経て三塁に進もうとしたとき、遊撃手に妨げられて、三塁へ進むことができなかったような場合、審判員は、この反則の走塁を考慮することなく、妨害がなければ達したと思われる三塁へ進めるべきである。もし野手が打者の一塁空過を知ってアピールすれば、その打者はアウトになる。走塁の失敗はオブストラクションとはなんら関係がないからである。


関連記事

テーマ : 中学硬式野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

公式試合カウントダウン
カウントダウンタイマー
プロフィール

alltoyokawaboys

alltoyokawaboys

チーム名: 
豊川中央ボーイズ
(オール豊川 ALL TOYOKAWA)

所属:
 日本少年野球連盟(ボーイズリーグ)愛知東支部

チームスローガン:
「努力を惜しむな、最後まで諦めるな」

練習場所
【八名井グラウンド】
愛知県新城市八名井今瀬
マップコード 
43 731 090*85
https://yahoo.jp/BunlML

【雨天練習場(夜間練習場)】
愛知県豊川市千両町小路
マップコード 
43 690 575*54
https://yahoo.jp/CgR1H1


2019年度在団人数
3年生(33期) 14名
2年生 (34期) 14名
1年生 (35期) 24名

【Topic】
新人団員募集!

予定表

アクセスカウンター
アクセス数:
現在の閲覧者数:
リンク
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

タグ一覧

公式戦 ボーイズリーグ 審判 練習試合 ルール 野球規則 成長期 栄養 トレーニング 食トレ 身長 メカニクス タンパク質 岐阜大会 成長ホルモン 東海理化旗 福井大会 才能 睡眠 一流  ビタミン 悪送球(暴投) 予選 必須アミノ酸 クラムジー マタイ効果 岡崎大会 チーム内共有 体重 road to 障害 osaka OB 東海理化旗、チーム内共有 リタッチ 中日本大会 カルシウム 高校野球 セロトニン メラトニン 新入団 1万時間の法則