fc2ブログ

ルールを知らなければ損をする ~タイムプレイについて~



今回はタイムプレイについて紹介します。

このタイムプレイ。公認野球規則にも、用語の定義にも記載されておりません。

得点が絡む為、非常に重要なルールなのですが、野球規則に直接の記載がないのが特徴です。

高校野球漫画の金字塔である『ドカベン』では、このルールを(偶然ですが)利用した話があり、そのタイトルから「ルールブックの盲点」ともいわれています。

知らないと損をするルールの典型です。

しっかり理解しましょう。

time-3216244_1920.jpg



【タイムプレイとは】
タイムプレイを説明するには、野球規則上の“得点”についてからとなります。
野球をやっている人であれば、知らない人はいないルールですが、野球規則上どんな表現となっているかは知らない人は多いと思います。おさらいしましょう。

野球規則:5.08 得点の記録

(a)3人アウトになってそのイニングが終了する前に、走者が正規に一塁、二塁、三塁、本塁に進み、かつこれに触れた場合には、その都度、1点が記録される。

【例外】第3アウトが次のような場合には、そのアウトにいたるプレイ中に、走者(1、2にあたる場合は全走者、3にあたる場合は後位の走者)が本塁に進んでも、得点は記録されない。

(1) 打者走者が一塁に触れる前にアウトにされたとき。(5.09a、6.03a参照)

(2) 走者がフォースアウトされたとき。(5.09b6参照)

(3) 前位の走者が塁に触れ損ねてアウトにされたとき。(5.09c1・2、同d参照)

【原注】〈5.06原注〉たとえば、三塁走者が、飛球が捕らえられてから、離塁して本塁を踏んだ後、離塁が早かったと誤信して、三塁に帰ろうとした場合のように、走者が正規の走塁を行なって本塁に触れたならば、その走者のそれ以後の行為によって、その得点は無効とはならない。

【注1】第3アウトがフォースアウト以外のアウトで、そのプレイ中に他の走者が本塁に達した場合、審判員は、その走者にアピールプレイが残っているか否かに関係なく、本塁到達の方が第3アウトより早かったか否かを明示しなければならない。
【注2】本項は打者および塁上の走者に安全進塁権が与えられたときも適用される。
たとえば、2アウト後ある走者が他の走者に先んじたためにアウトになったときは、そのアウトになった走者よりも後位の打者または走者の得点が認められないことはもちろんであるが、たとえアウトになった走者より前位の走者でも第3アウトが成立するまでに本塁を踏まなければ得点は認められない。

ただし、2アウト満塁で、打者が四球を得たとき、他のいずれかの走者がいったん次塁を踏んだ後にアウトになったときだけ、その第3アウトが成立した後に三塁走者が本塁を踏んでも、得点と認められる。(5.06b3B〔原注〕参照)



これを踏まえて・・・・・・・・タイムプレイとは(「ルールブックの盲点」と言われる理由)

規則では・・・
3つのアウトをとられる前に正規に1塁→2塁→3塁→本塁を触れれば、それで得点(1点)になるんだけど、第3アウト目が、打者走者を含めフォース状態でアウトになった場合は、第3アウト前にホームインしても得点が認められませんよ

との記載があります。

では、第3アウト目が、フォース状態ではないアウトの場合で、第3アウトになる前にホームインした場合は?

規則を見ても、得点が認められませんと書いてありません。

つまり。フォースの状態でない場合は、第3アウト目になる前に本塁に触れれば、それは得点になる

ということです。
時間が影響するプレイとなりますので、タイムプレイと呼ばれています。


【例】でみてみましょう。

【例1】
2アウトランナー3塁。
打者の打った打球は、高々と上がったショートフライ。
遊撃手がこれを捕球して3アウトだが、遊撃手が捕球をする前に、3塁ランナーは本塁を駆け抜けていた。

 → 得点になりません。(フライ捕球ですから、リタッチが必要で、リタッチ時には第3アウトになっていますからね)


【例2】
2アウトランナー3塁。
打者の打った打球は、ファーストフライ。
一塁手がこれを落球したが、拾って打者走者にタッグしアウト!
一塁手が落球し、打者走者にタッグする前に3塁ランナーは本塁を触れていた。

 → 得点になりません。(上記【例外】(1))


【例3】
1アウトランナー1・3塁。
打者の打った球は、2塁正面のゴロ。
二塁手は、ボールを捕球後、遊撃手に送り、遊撃手が2塁ベースを踏んでから、1塁へ転送。
一塁手がこれを捕球し、ダブルプレーが完成(4-6-3)。
しかし、3塁ランナーは、打者走者がアウトになる前に本塁に触れていた。

 → 得点になりません。(上記【例外】(2))

以下:【例4】【例5】【例6】はタイムプレイでの得点となります。

【例4: 典型的なタイムプレイ】
2アウトランナー2塁。打者の打った打球は、ライト線へのヒット。
右翼手がボールに追いつき、バックホームへ。
これを見た打者走者は2塁へ向かう。
2塁ランナーを刺せないと判断した中継の一塁手は、2塁へ送球。
打者走者は、2塁でアウトとなる。
打者走者が2塁でアウトになる前に2塁ランナーは、ホームインしていた。

 → 得点になります。


【例5】 ※【例3】と比較してみよう
1アウトランナー1・3塁。
打者の打った球は、1塁正面のゴロ。
一塁手は、ボールを捕球後、1塁ベースを踏んで2塁へ送球。
遊撃手が1塁ランナーにタッグ(タッチ)してダブルプレーが完成(3A-6)。
しかし、3塁ランナーは、1塁ランナーが2塁でタッグ(タッチ)される前に本塁に触れていた。

 → 得点になります。(1塁ランナーへのタッグ(タッチ)はフォースプレイではないので)

【例6】
1アウト2・3塁で、左中間の飛球(フライ)。
3塁ランナーは、タッグ(タッチ)アップの準備をしたが、2塁ランナーは、捕球できないと判断して、3塁へ向かった。
左翼手がこれを捕球し、バックホームへ。これを内野手がカットして、2塁へ送球。
2塁ランナーは、戻れずアウトとなった。
2塁ランナーがアウトになる前に、3塁ランナーはホームインしていた。

 → 得点になります。
2塁でのプレイにタッグ(タッチ)がいらないので、フォースと勘違いしやすいです。
リタッチはフォースプレイではなく、アピールプレイですので、この場合得点は認められます。

映像の方がわかりやすいかと思い紹介いたします。

You Tubeお父さん審判チャンネル
【野球用語】 『タイムプレイ』 って何だ?
https://www.youtube.com/watch?v=4k7-KkMvX5w

今紹介したタイムプレイ【例4】~【例6】ですが、守備側で防ぐことはまず無理だと思います。
唯一、注意すべきは走者です。

手を抜かず走りましょう。神様(審判)はみていてくれますよ。

さて、タイムプレイを学んでいただいた所で、いよいよ知らないと損をするルールの説明です。


【第4アウト】
アメリカの野球規則『Official Baseball Rules』においては、“fourth out(第4アウト)”と記載されていますが、日本では“第3アウトの置き換え”と呼んでおります。
非常にマニアックなルールなので、しばしば漫画にも取り上げられます。

では、どのようなプレイだったのか、漫画『ドカベン』でのエピソードを例としましょう。

【例:ドカベンより】
1アウト満塁。投球時に全走者がスタートを切るスクイズを敢行。
打球は投手前の小フライとなり、投手が飛びついて捕球(2アウト)
3塁走者は、そのまま本塁へ滑り込む。
1塁ランナーが大きく飛び出していたので、1塁に送球(3アウト)
守備側は全員ベンチへ引き上げた
スコアーボードには1点が記録された。(これが決勝点)

出典:『ドカベン』「ルールブックの盲点の1点」水島新司 秋田書店
ドカベン



実際に発生しております

第94回全国高等学校野球選手権大会(2012年)済々黌高校 対 鳴門高校

こちらは判りやすい動画があります。
少年(学童)野球チームの勉強用動画です

『井土ケ谷フレンズ』<第3のアウトの置き換え>の勉強
https://www.youtube.com/watch?v=_GRF7-XpI7Y



【自分が守備だった場合 ~どうすれば防げるのか?~】

先程例にしました『ドカベン』の例、動画で紹介した『済々黌高校 対 鳴門高校』とも、守備側が全員ベンチに引き上げる前に、3塁へ送球し、3塁審判に「アウトの交換をします」といえば、得点を防ぐことができます。

規則で、第3アウトが成立した後も、他により有利なアウト(アピールプレイ)があった場合、有利なアウトと交換できます。
その為、“第3アウトの置き換え”と日本では呼ばれています。

条文をみてみましょう。

野球規則5.09(c)【原注】
【略】
イニングの表または裏が終わったときのアピールは、守備側チームのプレーヤーが競技場を去るまでに行なわなければならない。
【中略】
第3アウトが成立した後、ほかにアピールがあり、審判員が、そのアピールを支持した場合には、そのアピールアウトが、そのイニングにおける第3アウトとなる。
また、第3アウトがアピールによって成立した後でも、守備側チームは、このアウトよりもほかに有利なアピールプレイがあれば、その有利となるアピールアウトを選んで、先の第3アウトと置きかえることができる。
〝守備側チームのプレーヤーが競技場を去る〟とあるのは、投手および内野手が、ベンチまたはクラブハウスに向かうために、フェア地域を離れたことを意味する。

野球規則5.09(c)【注】の後にある、3つ目と4つ目の【問】【答】

【問】2アウト走者二塁のとき、打者が三塁打を打ち、走者を得点させたが、打者は一塁も二塁も踏まなかった。守備側は二塁に触球してアピールし、アウトが宣告された。得点となるか。

【答】得点は認められる。しかし守備側が最初から一塁でアピールしておれば、得点は認められない。また二塁から一塁に転送球して再びアピールすれば、一塁でのアピールアウトを、先の第3アウトと置きかえることができるから、得点とはならない。

【問】1アウト走者一・二塁、打者が右翼へ大飛球を打ったとき、安打になると思った2人の走者は、フライが飛んでいる間進塁し続け、右翼手がこれを捕らえたにもかかわらず、二塁走者はそのまま本塁を踏んだ。しかし一塁走者は捕球されたのを見て一塁に引き返そうとした。右翼手は一塁へ送球、一塁手は一塁走者が帰塁するより先に、塁に触球して、アウトにした。二塁走者は、一塁走者が一塁でアウトになるより先に、本塁を踏んでいるが、その得点は認められるか。

【答】守備側が二塁でアピールしない限り、二塁走者の得点は認められる。しかし、守備側は、アピールによる第3アウトの成立後であっても、このアウトよりも有利となるアピールアウトを先の第3アウトと置きかえることができるから、二塁でアピールすれば、リタッチを果たしていない二塁走者はアウトになり、得点とはならない。



【自分がランナーだった場合】

上で、動画で紹介しました 『済々黌高校 対 鳴門高校』

1アウト1・3塁でのショートライナーです。
普通であれば、3塁ランナーは3塁に戻り、ライナーを捕った遊撃手は1塁へ送球し、1塁ランナー戻れずアウト。
結果0点。これが普通です。

この3塁ランナーは、『ドカベン』を読んでいて、このルールを知っていたそうです。
「1塁ランナーは戻れない」と判断をした3塁ランナーは、自分は戻れる位置にいたにも関わらず、リタッチせず全力で本塁へ向かっています。
これは、この状況の中で、どうやったら1点を獲るかを考え、そのわずかな可能性に賭けた行動です。

皆さんはこんな行動とれますか?

ね。ルールを知らないと損するでしょ。
pref_umpire_manual-0440.jpg
関連記事

テーマ : 中学硬式野球
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

alltoyokawaboys

alltoyokawaboys

チーム名: 
豊川中央ボーイズ
(オール豊川 ALL TOYOKAWA)

所属:
 日本少年野球連盟(ボーイズリーグ)愛知東支部

チームスローガン:
「努力を惜しむな、最後まで諦めるな」

練習場所
【八名井グラウンド】
愛知県新城市八名井今瀬
マップコード 
43 731 090*85
https://yahoo.jp/BunlML

【雨天練習場(夜間練習場)】
愛知県豊川市千両町小路
マップコード 
43 690 575*54
https://yahoo.jp/CgR1H1


2023年度在団人数
 3年生(37期)24名
 2年生(38期)16名
 1年生(39期)21名

【Topic】
新人団員募集!

予定表

アクセスカウンター
アクセス数:
現在の閲覧者数:
リンク
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

タグ一覧

公式戦 ボーイズリーグ 審判 練習試合 ルール 成長期 野球規則 栄養 食トレ トレーニング 身長 タンパク質 メカニクス 岐阜大会 成長ホルモン 東海理化旗 福井大会 睡眠 才能 一流 予選 悪送球(暴投)  ビタミン 必須アミノ酸 クラムジー 岡崎大会 マタイ効果 チーム内共有 東海理化旗、チーム内共有 リタッチ 高校野球 OB 体重 メラトニン 障害 road 中日本大会 新入団 osaka to カルシウム 1万時間の法則 セロトニン